サイバーナビ 10V型ワイドXGA 車種専用モデル(ステップワゴン) [AVIC-CE901ST/AVIC-CE901ST-M]

サイバーナビ 10V型ワイドXGA 車種専用モデル(ステップワゴン) [AVIC-CE901ST/AVIC-CE901ST-M]

販売価格: 238,680円~308,880円(税込)

オプションにより価格が変わる場合もあります。

オープン価格

取り寄せ(納期はメールにてお問い合わせ下さい)
型番:
数量:
お問い合わせ

パイオニア carrozzeria
CYBERNAVI
10型 車種専用モデル ステップワゴン

AVIC-CE901ST 当店販売価格 \238,680
AVIC-CE901ST-M 当店販売価格 \308,880

メーカーホームページ
http://pioneer.jp/carrozzeria/carnavi/car_choice/stepwgn/avic-ce901st-m_avic-ce901st/

【対応車種】

HONDA ステップワゴン(スパーダ含む) H27/4〜現在



【DESIGN】

その先鋭的なデザイン性で愛車がより上質な空間に一変する(車種専用デザイン)

ステップワゴン専用にサイバーナビをデザイン。「AVキー」「NAVIキー」などのテクスチャーグラデーションやブルーイルミネーション、シルバーアイラインの先鋭的なデザインの融合が、車室内をより上質な空間に変貌させます。また、静電式の大きく使いやすい操作キーはステップワゴンの内装に合わせてシフトレバーの位置を考慮し、使いやすくレイアウト。先進性を感じさせるデザインと操作性を高次元で両立させています。



車室内でスマートコマンダーを自由にレイアウト(車種専用スマートコマンダーホルダー)

車室内の最適な場所にスマートコマンダーを設置して操作できる、専用設計のスマートコマンダーホルダーを付属しています。



高精細で広視野角の専用大画面液晶パネル

約1,677万色にも及ぶ色彩を使い、高精細・高コントラストで微細な表現まで描き出す、広視野角の専用大画面10V型ワイドXGA「Excel Lumina HD パネル」を搭載。また、操作キーとフロアカメラを使いやすくレイアウト。フロアカメラは車室内を最適な角度で捉えます。

AVIC-CE901ST-Mのみ。



【SOUND TUNING】

設定画面で選択するだけで音響チューニングが簡単にできる

あらかじめ車種専用のセッティングデータが設定されているのでスピーカータイプ(カロッツェリア推奨スピーカーまたは純正スピーカー)、リスニングポジション(運転席重視または全席重視)の選択をするだけで愛車に合わせた設定が簡単にできます。また、タイムアライメントやカットオフ、スロープやスピーカーレベルは、サブウーファーを追加した時などに調整が行えるよう、音響チューニングが選択された後でも設定が行えます。



好みに応じたイコライザー設定が簡単

「車種専用音響チューニング」の適用時は、詳細なオーディオ設定は一切不要。分かりやすく、使いやすい厳選された5バンドのイコライザーのみで、好みの音色やその時の気分、聴いている楽曲などに合わせて設定を簡単に変更できます。プリセットは「Flat/S.Bass/Powerful/Natural/Vocal/Clear」の6種類から選択可能。効果のレベル調整も5段階(Flat除く)。自分で好みのイコライザーカーブを設定・保存可能な「Custom」も搭載しています。

【SETTING DATA】

装着した瞬間から、あなたの愛車へ最適にセッティング

クルマの全長、車幅、車高等、ステップワゴンへ最適化したセッティングデータをプリインストール。バックカメラタイプ、スピーカータイプ、ステアリングリモコンを選択することで、愛車に最適なセッティングが完了します。



【ナビ能力】

●膨大な数のルートから試乗の一本を算出

カロッツェリア独自の専用サーバーには、過去10年間で培ったスマートループのノウハウと、プローブにより蓄積した交通情報、リアルタイムの交通情報など、膨大なデータを集積。その膨大なデータと独自の「ルートアルゴリズム」により、早く着くルートだけでなく、時間と料金の効率を考慮し、幾千ものルートの候補からドライバーにとって最適かつ効率的なルートまでも瞬時に導き出します

時間と料金を考慮した高度な計算で実用的なルートを探索(ルートアルゴリズム)

「スーパールート探索」は時間の観点とともに、複雑に変化するETC割引料金も考慮するので、導き出されたルートの中から時間と料金のどちらを優先するかを見比べながら、より実用的なルートを選択することが可能となります。これからは「行きはお金をかけても少しでも早く」、「帰りは時間があるから節約しながらゆっくりと」など柔軟なルート選択が可能となります

●高速道路で必要な情報を見やすく表示(ハイウェイモード)

高速道路に入ると、自動的に「ハイウェイモード」画面へ切換わります。都市高速や都市間高速の走行中に各施設までの距離、通過予想時刻、施設情報、料金やサービスエリア、パーキングエリアなど、必要な情報が確認できます。また、右側の地図表示はスケールやアングルを好みに合わせて切換えることができます

●オービスポイントを確認(オービスSD)

別売のOption「オービスSD」を使用すると、全国各地のオービスポイントやねずみ捕り目撃ポイントを進行路線や走行する道路種別まで判別してお知らせします。一般道と高速道、合わせて全国578ヵ所のオービスポイントと、ねずみ捕り目撃ポイント478ヵ所のデータを収録。スピードが出やすい場所において、アイコン表示とアラーム音によってドライバーをサポートします

ねずみ捕り目撃ポイントは音声による案内のみで、アイコン表示はされません。

●最大3年間追加費用なしで、スマートに最新データへ

刻々と移り行く街の変化に対応し、カーナビを最新データにバージョンアップすることが可能。スマートフォンの通信を利用して、いつでも、どこでも手軽にバージョンアップできる「スマートアップデート(差分更新)」、パソコンを使って全てのデータを更新できる「全データ更新」などのバージョンアップをサイバーナビの使用開始月から最大3年間追加料金なしで利用することができます。また、「スマートアップデート(差分更新)」、「全データ更新」ともに年間最大6回の更新を予定しております
「最新データバージョンアップ 最大3年間分付」の期間は通信機能を使用した場合、使用開始月から更新期間がスタート。ただし、期間が3年間に満たない場合でも更新期間は「2021年10月末」で終了となります。通信機能を使用しない場合は「2020年10月末」で終了となります。

使用開始月とは、車載機が初回のセンサー初期学習を終了した時点となり、各種通信機能(スマートループ渋滞情報TMなど)を使用時にサーバーへ自動送信します
配信回数は、道路の開通状況などによって、回数が変動する場合があります

●スマートフォンからいつでも手軽にバージョンアップ(スマートアップデート(差分更新))

専用アプリ「スマートアップデート for カロッツェリア」(ダウンロード無料)をインストールしたスマートフォンを使用することで、新しい道路やオープンしたての施設などの最新バージョンアップデータを自宅や外出先で事前にダウンロード。サイバーナビにWi-Fi通信で手軽にワイヤレス伝送するだけで、カーナビのデータを最新版に更新することができます。また、自宅などのWi-Fi環境を利用しデータをダウンロードできるので月々のパケット通信料を気にすることなく使用できます。しかも使用開始月から最大3年間は追加料金なしで利用可能。期間中であれば何度更新しても費用の心配はなく、いつでも最新の情報でドライブを楽しむことができます。

オーナーズリンクでのユーザー登録が必要です。
アプリケーションのダウンロードやバージョンアップ、データダウンロード時などは大容量のデータ(最大で2.5GB程度)を送受信し、パケット通信料が高額になる恐れがあるため、Wi-Fi環境でのご利用をお薦めします。
MapFan会員IDの取得が必要です。



●パソコンからサイバーナビの全てのデータを最新に(全データ更新)

パソコンを使用することで、全てのデータをバージョンアップすることができます。ダウンロードしたデータはSDメモリーカードを介してサイバーナビのバージョンアップを行います。データのダウンロードはWindows、Macに対応するなど幅広い機器に対応しています。しかも使用開始月から最大3年間は追加料金なしで利用可能です。

オーナーズリンクでのユーザー登録とパソコン環境が必要です。
別売のSDメモリーカード16GB以上が必要です。
対応OSはWindows10/8.1/7、MacOSX 10.9.2以降となります。
ナビ/AV機能を使用しながら更新を行うことも可能ですが、停止して更新する時よりも終了するまでに時間がかかります。



衛星が届きにくい場所でも高度な技術で自車位置を判断(6軸3Dハイブリッドセンサー)

これまでの長年に渡るノウハウで積み重ねてきたセンサー技術のすべてを注ぎ込み開発された「6軸3Dハイブリッドセンサー」を搭載。「上下」「左右」「回転」方向のそれぞれ加速度・角速度の6軸を検知する高精度センサーにより、車両の挙動を細かく検知・演算し、補正性能を向上。自車位置がズレやすい高速道路の乗り降りや複雑なジャンクションなどにおいても、極めて誤差の少ないトレースを行います。また車速パルスを接続していない状態でも精度向上の機能が組み込まれているため、簡易ハイブリッドの状態でも高い自車位置精度が可能となります。さらにクルマでの使用を考慮した回路設計や精度に影響をおよぼす熱対策による基板設計など精度へのこだわりが隅々にまで注がれています。

車速パルスを接続しない場合は簡易ハイブリッドとなり、2D平面的なハイブリッド測位となります。

●全道路の渋滞情報を常にチェックし続ける(スマートループ渋滞情報全道路対応)

全国のユーザーから提供される実際の走行履歴データを、カロッツェリアが独自に収集・最適化し、情報配信する「スマートループ渋滞情報™」。VICSがカバーする渋滞情報と合わせて、約70万kmにおよぶ全道路の情報を網羅。
走行中のクルマの状況を共有するリアルタイムプロープ™により、突発的な渋滞も把握します。
また、2006年から蓄積している膨大なデータをもとに統計処理された全道路の渋滞予測データを収録。
しかも、毎日統計処理され更新される配信データも随時利用することで、どの道がどのくらい混んでいるのか、あえて渋滞しているルートを選んだほうが早いのか、避けたほうが早いのか、といったことまで高い精度で予測します。
通信を利用して常に最新の状況をチェックし続け、出発時に最適なルートを探索することはもちろん、状況の変化に応じて常に最適なルートを提案し続けます。

通信機能を使用するには、別売のデータ通信専用通信モジュール「ND-DC2」とUSB接続ケーブル「CD-U120」が必要です。また、BluetoothのPANテザリング対応のiPhoneやスマートフォン(Android)でも情報の取得が可能です。通信機能のご利用や情報の取得は無料ですが、通信料はお客様負担となります(通信モジュール使用時除く)。
スマートループ渋滞情報™などスマートループ プローブ情報システムで提供される情報は、お客様からアップロードされた情報を基に反映したものです。メーカーにおきましても調査を行っておりますが、完全な一致を 保証するものではありません。
道幅5.5m未満の細街路などを除く。

スマートループ渋滞情報全道路対応による渋滞回避



●絶妙なタイミングで的確に案内(音声案内)

交差点で右左折する場合、ドライバーは事前に進むべきレーンと、曲がる場所を正確に判断する必要があります。
しかし、道路が複雑に交わる市街地や初めての道などでは、瞬時に判断するのは容易ではありません。
サイバーナビは、詳細な道路データと自車位置の高精度なマッチングにより、音声案内のタイミングも正確。
目印も明確にお知らせし、安心でスムーズな誘導を行います。
もう曲がるポイントを逃すことはありません。また、用途や状況に応じた案内方法を選ぶこともできます。




●AVソースを楽しんでいても安心(AV画面割り込み表示)

設定ルートを走行中、AVソース画面を表示した状態で交差点案内表示の地点に近づくと自動的にルート誘導画面に切換わり案内。案内終了後は元のAVソース画面に自動で戻ります。
また、渋滞情報が更新され異なったルートを新たに提案する場合にも地図画面に切換わります。



【ユーザーインターフェース】

●ドライブ中に手元で確実に操作(スマートコマンダー)

手元に取付けることで、前を見たままサイバーナビを操れる小さな司令塔。「回してボリューム変更」「押してルート設定」「傾けてスクロール」といった動きと操作で、よく使う操作や複雑な操作が運転中でも簡単に行えます。



●ナビもAVも自在にコントロール(ナビ操作/AV操作)

地図のスクロールや詳細/広域切換え、ルート探索といったナビ操作、音量やトラックなどのアップ/ダウンやソース切換えといったAV操作が可能。シーンに応じて、やりたいことをより自然な流れで行えます。



●車室内のどこからでも操作(Bluetooth Smart方式)

サイバーナビ専用のスマートコマンダーは、Bluetooth Smart方式により、車室内のどこからでも使用できます。電池は赤外線式の約1.8倍長持ち。操作をすると内蔵のホワイトLEDが点灯。夜間での操作をしやすくするとともに、フェードイン・フェードアウトの光がサイバーナビのスマートコマンダーらしい高品位感を演出します。

初回のペアリングは「マイセットアップ」にて行います。

【AV能力】

●クルマごとに最適な音質調整を施す(イコライザー独立搭載(シンプルコントロールモード))

車室内の周波数特性の乱れを理想的な状態に補正するため、自在なまでの調整を可能する「13バンドイコライザー(全スピーカーch共通)」を好み調整のイコライザーとは独立で搭載。あらゆるクルマでフラットな音響特性に近づけることができます。また、クルマによって異なる環境に合わせて、最適な特性に自動調整する「オートタイムアライメント&オートイコライザー」を使用した後の微調整も可能です

「オートタイムアライメント&オートイコライザー」を行うには別売の音響特性測定用マイク「CD-MC1」が必要となります。

●手元を見ずに自在に調整(スマートコマンダー)

高精度な調整機能を手元を見ずとも自在に操作可能な「スマートコマンダー」。
可能な操作もタイムアライメント、スピーカー出力レベル、カットオフ、トゥイーターゲイン、
詳細ベースEQと調整には欠かせない機能を便利に調整できます。



●専用オーディオセッティングアプリ(「サウンドマスターコントローラー」アプリ)

煩わしい調整操作をスマートフォンでスムーズにコントロールする専用オーディオセッティングアプリ「サウンドマスターコントローラー(無料)」を新たに開発。各調整毎に前かがみでタッチパネルを押すことなく、楽な姿勢で調整することができます。また、ボタン操作時のバイブレーションで、より確実に操作することもできます。

●約650万曲以上もの楽曲の中から聴き、遊ぶ(特選チャンネル)

ネットワークとつながった約650万曲以上もの膨大な楽曲の中から、多彩なチャンネルを常時提案。「人気ランキング」や「懐かしの音楽」、「ドライブのシチュエーション」といった様々な切り口から音楽の出会いを提供する約1,000種類の「ヒッツ」、旬のアーティストをピックアップした約500種類の「特選アーティスト」から、その時の気分に最適なチャンネルを自由に選択できます。また、アルバム1枚分の楽曲がリスト化された各チャンネルは、追加されたり一定期間で更新されるので、「今はどんなチャンネルがあるだろう」など、チャンネル選びもドライブの楽しさのひとつになります

チャンネル内に表示されている楽曲順は実際に再生される楽曲順とは異なります。各チャンネル内の特定の楽曲を任意で選択し、再生することはできません。
曲送り回数には制限があります。
各画面の表示はハメコミ合成で、画像、名称は異なる場合があります。また表示のアーティスト名、楽曲名、アルバム名などは架空のもので実際にないものも含まれております。

●リアシートを映像と音楽の特別席に(リアクルーズモード)

フリップダウンモニターやプライベートモニターなどのリアモニターを装着し、サイバーナビと接続することで、リアシート専用の映像や音楽を楽しむことができます。前席の映像ソースとリンクする「フロントリンクモード」と、前席のAVソースとは別に後席だけで独立したAVソースを楽しむことができる「リアセパレートモード」の2モードを搭載。
臨場感溢れる音とシーンにみんなで盛り上がるか、後席だけで感動のドラマを楽しむか、リアシートのエンタテインメントの選択肢が大きく広がります。

●地図表示をはじめ、カーナビの画面をリアモニターに映して共有(ミラーリングビュー)

サイバーナビ本体の画面をそのまま別売のプライベートモニターやフリップダウンモニターに出力。まるで飛行機のパーソナルモニターのように、リアシートで現在位置や目的地までの到着時間などを確認することができます。また、専用アプリ「リアスマートコマンダー」(ダウンロード無料)をインストールしたスマートフォンを使ってナビを自在に操作することもできます。

HDMI出力端子にHDMIケーブルが接続されているときのみ使用可能。
HDMIケーブルにより、プライベートモニター「TVM-PW1000T/PW1000」へ接続した場合、一時的に残像が生じることがあります。



●多彩なAVメディアに対応

Phoneや地上デジタル放送、DVD-R/RWなどに加え、大容量SDメモリーカード(SDXC 512GBまで)に対応。
さらに、スマートフォン(Android)に保存したハイレゾ音源の再生に対応するMTP接続やHDMI端子などを介して再生できる多様なデジタルメディアにも対応。
これらのメディアはカーナビを使用しながら同時に楽しむこともできます。
音も、映像も、画像も。多種多様なメディア対応力で、エンタテインメントの幅が大きく広がります

iPod、iPhone接続情報
MTP接続によるAndroid端末動作確認情報



●パソコン内のファイルもそのまま再生(USBデバイス、SDメモリーカード対応)

パソコンに録りためた映像や音楽データもUSBデバイスやSDメモリーカード(SDXC対応)に記録して、
カーナビ本体に挿すだけで手軽に楽しむことができます。
USBマスストレージに対応した機器の接続や、市販の変換アダプターを用いることでminiSD、microSDカードも利用可能。
幅広いフォーマットにも対応しています

SDメモリーカードは最大512GB(SDXC使用時)のメモリー容量に対応しています。



●音楽再生をワイヤレスで(Bluetoothオーディオ対応)

サイバーナビなら、BluetoothのAVプロファイルに対応した携帯電話やスマートフォン・携帯オーディオプレーヤーの
楽曲データ再生が可能。高音質コーデックのAACに対応しているので、iPhoneなどの楽曲データ再生が、再生する音源にかかわらず、有線接続に劣らない高音質で無音時のノイズも少なく楽しめます。
さらに、ブラウジング機能対応機器との接続時には「アーティスト」などジャンルからの楽曲検索が可能です。

Bluetooth対応携帯電話の接続情報

●12セグを広いエリアで楽しむ

サイバーナビの地上デジタルTVチューナーは、自宅で視聴する地上デジタル放送のような安定性をクルマの視聴においても追求し、様々な最新テクノロジーを惜しみなく投入しています。

●放送エリアを越えても、同じ番組を視聴(オート放送局サーチ)

親局のエリアから外れても、同じ番組を視聴できる中継局や系列局へ自動で切換え。放送エリアが異なる地域へドライブをする場合でも面倒なキー操作をすることなく、今まで見ていた番組を快適に視聴し続けることができます。

系列局では、同じ番組を放送していない場合があります。また系列局を切換える際には黒画が入る場合があります。



【ドライブサポート】

●適正な車間距離をアシスト(ターゲットスコープ/推定車間距離表示)

進化した前方車両の捕捉能力や描画能力が優れたマルチドライブアシストユニットは、前方車両との推定車間距離はもちろん、車間時間までも把握し、ドライバーへ注意喚起を促します。前方車両を捕捉し表示する「ターゲットスコープ」は、車間距離/車間時間に連動してそれぞれサイズ/色をリアルタイムに変化させ、ドライバーへ注意を促します。また前方車両との車間時間を計測し、「推定車間距離」を表示。通常の地図表示でも「推定車間距離」の表示色が「ターゲットスコープ」の車間時間表示に連動するのでこれまで目視で感覚的にチェックしていた前方車両との距離を、これからはカーナビがわかりやすく通知し、サポートしてくれます

●前を走るクルマへの近づきすぎを警告(前方車両接近警告)

追突事故を未然に抑制するために、捕捉した前方車両との車間時間を絶えず計測し、車間時間が縮まると表示と効果音でドライバーに警告します。ターゲットスコープの前方車両捕捉アルゴリズムを最適化することにより、一度捕捉した車両を追い越す時などの不要な警告を低減。前方車両の検知範囲を見直すことで信頼性もアップしています

※自車および前方車両が左右に移動する際に車間時間が警告範囲内に該当した場合は警告します。
一度捕捉した前方車両はカメラが認識できる限り遠方まで捕捉します。



●駐車中も見守り、知らせる新しいセキュリティ(ライブカーセキュリティ)

クルマに関するリスクが潜んでいるのは、走行中だけではありません。
「ライブカーセキュリティ」は、多彩なセンサーにドライブレコーダーの技術とネットワークを、高次元に融合させたカロッツェリア独自の先進セキュリティ機能です。
衝撃、音圧などの各種センサーがリスク検知し、クルマに起こった状況をマルチドライブアシストユニットのフロントカメラで録画・撮影。
さらに撮影した静止画は、通信モジュールを介してスマートフォンなどへ送信。愛車の危険を速やかに通知します。
クルマに乗っているときはもちろん、乗っていないときも大きな安心を。愛車のセキュリティの基準が、大きく変わります

「AVIC-CE901SE-M/CE901AL-M/CE901VE-M/CE901VO-M/CE901NO-M/CE901ES-M/CE901ST-M」は同梱のフロアカメラにて、同時に車室内を録画・撮影します

●クルマから離れた場所でもセキュリティをコントロール(セキュリティインフォ一時受信停止機能)

セキュリティインフォの通知が連続して送信されることを想定し、MAユニット用の専用アプリ「ドライブアシスト」側で「セキュリティインフォ一時受信停止機能」を準備。クルマから離れた状況でもスマートフォンでセキュリティインフォの通知を一時停止することができます。立寄った場所の駐車環境が機械式駐車場のような振動が頻発する場合に役立ちます

MAユニット用の専用アプリ「ドライブアシスト」をインストールした対応スマートフォンが必要です。

【デザイン/ハードウェア】

知的でシャープなデザインが車室内にとけ込むAVIC-CL901-M/CZ901-M/CL901/CZ901

面が大きく、キーのエッジに凸形状を付加することで操作しやすいシルバーの操作キー。金属表現の演出と5色から選べるラインイルミでメインキーとして強調。さらに斜めのカットラインによるデザインで先進さを表現。また、フラットパネルの採用により、ディスプレイとコンソールが一体化するフラットデザインを実現。ブラックとシルバーを基調に様々な表現で構成されたこだわりのデザインと、車室内を彩るイルミネーションがあいまってサイバーナビらしい先進感を演出しています



先進感漂うワイドデザインがコンソールに一体化AVIC-CW901-M/CW901

ワイドコンソールにフラットに収まる幅200mmのワイドモデル。
ボディを囲む細いシルバーのトリムラインがワイド感を醸し出します。操作キーはシルバーキーを金属表現の演出と5色から選べるラインイルミでメインキーとして強調。画面と一体化したかのようなクリアのブラックキーはエッジに凸形状を付加することで、洗練さと操作のしやすさを融合しています。さらに印象的な斜めのカットラインによるデザインで、サイバーナビらしい先進感を演出しています。

「AVIC-CW901-M/CW901」には電源ケーブルが付属されておりません。


Facebookコメント