サイバーナビ 7型/メモリー16GB 2Dメインユニットタイプ [AVIC-CZ700]

サイバーナビ 7型/メモリー16GB 2Dメインユニットタイプ [AVIC-CZ700]

販売価格: 122,040円(税込)

オープン価格

取り寄せ(納期はメールにてお問い合わせ下さい)
数量:
お問い合わせ

パイオニア carrozzeria
CYBERNAVI
7型/メモリー16GB 2Dメインユニットタイプ

AVIC-CZ700
販売価格:¥122,040
メーカー発売予定:2016年10月

メーカーホームページ
http://pioneer.jp/carrozzeria/carnavi/cybernavi/avic-cw700_avic-cz700/

【ユーザーインターフェース】

●運転操作を妨げない、使い慣れた操作性とクルマならではの使いやすさ 

車内での操作性を徹底的に追求し、サイバーナビはユーザーインターフェースのすべてを一新。
複雑な操作も使いやすいのはもちろん、安心・安全に使えるようキーデザインやレイアウトといった細部にまでこだわりました。さらに高度化したスマートループは、自らドライブの状況の変化を察知し、ドライバーに必要な情報を次々と提供。
運転を妨げることなく、直感的かつ確実に操作し、情報を受け取る。操ることは、ストレスではなく楽しみに変わっていきます。

●いつでも、誰でも、使いやすく快適に、すべてをクルマ最適に一新した操作性

ドライブ中のあらゆる状況を踏まえ、ドライバーにとっての快適操作を追求。
運転に集中しながら、直感的な操作を可能にする画面デザインや画面遷移に加え、地図を思いのままに操れる、マルチウェイスクロールも進化。これらすべての操作は新開発のエンジンによって、より早く、スムーズに。
操ることさえ楽しくなる抜群の使い心地を実現しています。

●よく使う機能やソースは使いやすく配置
【HOME画面】

ドライバーの好みに応じて表示内容を変更できるHOME画面。「ナビメニュー」「AVメニュー」「ライブインフォメニュー」の中から項目を選んで構成でき、ボタンを長押ししてドラッグすれば、3段階の大きさや位置を自在に変更できます。また、「スペアナ」表示や「天気予報」情報など項目によってはアニメーションを用い、背景も先進的な動きの表現でサイバーナビらしさを演出しています。

●ドライブ状況の変化を察知してすかさずお知らせ
【ライブインフォ】

渋滞情報や規制情報、目的地に設定した駐車場の満空状況などドライバーにとって必要なドライブ中に変化する様々な情報をサイバーナビが察知し、画面上に割り込み表示します。割り込んだ情報が気になった場合には、画面にタッチするだけで詳細な情報も確認可能。さらに割り込みと同時に行う音声での読み上げや最適なタイミングで消える表示などドライバーの手を煩わすことなく、運転中でも把握できる便利さと、手間のなさに配慮しています。

●誰でも簡単スムーズに設定
【各種設定画面】

多くの種類がある設定項目でも、大きな縦のタブとアイコンによって目的の設定項目を選択可能。リストから目的の設定をスムーズに探し出すことができます。さらに目的の設定を選択するとポップアップウィンドウが表示され、その中にチェックを入れるだけで設定が完了。すべての操作が一連の流れで行えるので、わかりやすく簡単に設定ができます。


【スマートループ】

●進化した独自の革新的情報ネットワーク「スマートループ」 

2006年より蓄積した膨大な渋滞予測データとリアルタイムな走行・交通情報を高度に分析し、ドライバーに最適な情報を提供する革新的情報ネットワーク「スマートループ」。カロッツェリア専用のカーナビサーバー上で高度な演算処理を施し、ドライバーに最適な情報を提供し続けます。さらに進化した「スマートループ」は情報の提供だけにとどまらず、膨大かつリアルタイムな情報をもとにスマートループサーバー上でルートを計算し、より理想に近い探索結果を導き出す次世代のルート探索「スーパールート探索」を実現しています。

●全道路の渋滞情報を反映してルート探索
【スマートループ渋滞情報™全道路対応】

VICS渋滞情報を含む、全国約70万kmにおよぶ全道路を対象とする
「スマートループ渋滞情報™」を取得し続けることが可能。全国すべての道路を対象とした
リアルタイムな渋滞情報を考慮して出発時から目的地に到着するまで、常にそのとき最適なルートを提案します。
この通信の魅力を身近にするため、iPhoneやスマートフォン(Android)の
Bluetoothテザリングによる情報取得にも対応。

●他のクルマからの情報をリアルタイムに取得

通信を介して、カロッツェリアカーナビユーザーから、スマートループサーバーへリアルタイムで寄せられる走行履歴データの活用が可能。さらに、本田技研工業、日産自動車、三菱電機、JVCケンウッドのプローブ情報にも対応することで、情報の精度がより向上しています。加えて「スマートループ アイ」によって配信される画像情報の取得も可能。VICSでは配信されていない独自の道路情報が活用できます。

●ひとつ先の状況を事前に視る
【スポットウォッチャー通知】

ルート案内中は、目的地に着くまでルート沿いの「スマートループ アイ スポット」の画像を近い順にライブインフォにて表示。スポットを通過すると、次のスポットの画像を自動で表示します。また、スポットを通過する前に情報の更新があった場合にも、カーナビが自動で新しい情報を表示します。「その先」のリアルな状況を画像で確認しながらドライブできるので、安心です。

●「今」の膨大な情報とつながり続ける
【オンラインコンテンツ】

通信により膨大かつ最新の有益な情報を提供する、カロッツェリア独自の情報ネットワーク「スマートループ」。
カーナビに収録されている情報だけでなく、道路状況や話題の最新スポットをはじめ、空いている駐車場や最安値のガソリンスタンドなど、ドライブに役立つ情報を手間なく活用できます。
情報の取得は通信モジュールを接続しておくだけで、有益な情報を意識することなく自動で受信。
さらにBluetoothのPANテザリング対応のiPhoneやスマートフォン(Android)でも受信でき、より快適なカーライフが手軽に実現できます。

●大事なお知らせを逃さない
【各種お知らせ通知(ライブインフォ)】

取得したサービスに関するお知らせ、通信モジュールの利用期限の案内や、バージョンアップ時のデータ更新情報など、パイオニアからのお知らせを、ライブインフォ通知表示やライブインフォメニュー画面に表示。大事な情報が事前に把握できます。


【ナビ能力】

●新地図フォーマットの採用により、地図を精緻に描き出すすべてを一新し、進化した地図表示

誰でも瞬時に、知りたい情報がわかる地図を求めてすべての地図デザインを一新。新地図フォーマットの採用や色階調表現が大幅に増えたことにより細かな道路標示の描き分けやコントラスト、陰影処理の向上を実現。さらに、従来比約70倍の色階調表現が可能なLuminaパネルの採用により、よりメリハリのある表現が可能に。見やすさに加え、今までのカーナビの地図を超えた美しく高品位な地図表示が誕生しました。

●サイバーナビの全てのデータを最新に
【全データ更新】

パソコンを使用することで、全てのデータをバージョンアップすることができます。ダウンロードしたデータはSDメモリーカードを介してサイバーナビのバージョンアップを行います。データのダウンロードはWindows、Macに対応するなど幅広い機器に対応しています。

●測位精度と受信感度の向上により安定した位置情報を取得
【「GPS・みちびき・グロナス・SBAS」対応】 

あらゆるシチュエーションにおいて正確な自車位置を実現するため、精度が高く安定した位置情報の取得を可能にする、米国の「GPS」、日本の準天頂衛星「みちびき」、ロシアの衛星測位システム「グロナス」に対応。すべての衛星を同時に受信し、演算することで様々な場所や時間で、高精度な自車位置を測位することが可能です。さらに日本において2機の静止衛星から送信されているGPSの補正データ「SBAS」にも対応。これらの高度なシステムにより測位精度と受信感度が大幅に向上。さらに精度専用CHIPともあいまって、初回起動時の測位時間も短縮されているので、地下駐車場など電波が届かない場所から出た場合もすぐに正確な自車位置を捕捉します。

●衛星が届きにくい場所でも高度な技術で自車位置を判断
【6軸3Dハイブリッドセンサー】

これまでの長年に渡るノウハウで積み重ねてきたセンサー技術のすべてを注ぎ込み開発された「6軸3Dハイブリッドセンサー」を搭載。「上下」「左右」「回転」方向のそれぞれ加速度・角速度の6軸を検知する高精度センサーにより、車両の挙動を細かく検知・演算し、補正性能を向上。自車位置がズレやすい高速道路の乗り降りや複雑なジャンクションなどにおいても、極めて誤差の少ないトレースを行います。また車速パルスを接続していない状態でも精度向上の機能が組み込まれているため、簡易ハイブリッドの状態でも高い自車位置精度が可能となります。さらにクルマでの使用を考慮した回路設計や精度に影響をおよぼす熱対策による基板設計など精度へのこだわりが隅々にまで注がれています。

●傾斜角度を判断し自車位置を正確に見極める
【3Dマップマッチング/傾斜データ】

一般的なカーナビは高速道路の入口など、道路が並走する場所では傾斜の角度差を判断できず自車位置が外れてしまうことがあります。サイバーナビは高性能の6軸3Dハイブリッドセンサーで判断した傾斜角度を地図データに組み込まれた独自の傾斜データと照合し、正確な自車位置を判断し、表示します。

●目の前の風景に重ねて直感誘導
【ARスカウタービュー】

車室内に設置したカメラから取り込んだ前方映像を、独自の技術で解析処理。
ドライブに必要な情報を現実の風景に重ね合わせてカーナビ本体に表示し、わかりやすく誘導。
瞬時に状況を把握できる直感誘導で現実の風景と地図を照らし合わせる必要がなく、安心してドライブに集中できます。
※ARスカウタービューは別売のマルチドライブアシストユニット「ND-MA1」を接続したときのみ表示可能。接続には別途外部入出力ケーブル「RD-E100」も必要となります。

●絶妙なタイミングで的確に案内
【音声案内】

交差点で右左折する場合、ドライバーは事前に進むべきレーンと、曲がる場所を正確に判断する必要があります。
しかし、道路が複雑に交わる市街地や初めての道などでは、瞬時に判断するのは容易ではありません。
サイバーナビは、詳細な道路データと自車位置の高精度なマッチングにより、音声案内のタイミングも正確。
目印も明確にお知らせし、安心でスムーズな誘導を行います。
もう曲がるポイントを逃すことはありません。また、用途や状況に応じた案内方法を選ぶこともできます。

【AV能力】

●より音楽を楽しく、車載用ならではの音楽ストリーミング機能
【ミュージッククルーズチャンネル】

クルマの中での音楽の楽しみ方をさらに広げ、新たな音楽との出会いや発見が繰り返される刺激的なリスニングスタイルへ。専用アプリをインストールしたスマホのネットワーク経由で膨大な楽曲をクルマに持ち込み楽しむ車載用の音楽ストリーミング機能「ミュージッククルーズチャンネル」。クルマという環境を考慮して音楽の楽しみ方も多様に進化。
ドライブ中の場所や時間などに合わせたチャンネル提案、スマホに保存した楽曲との連動、楽曲に合わせた音響空間の切換えなど、音楽の楽しみ方がさらに広がります。
またチャンネルリスト画面もよりわかりやすく、より詳しく一新。クルマの中での使いやすさも向上しています。
※この機能はバージョンアップでの対応となります。バージョンアップの時期については、「更新情報」にてご案内致します。

●リアシートを映像と音楽の特別席に
【リアクルーズモード】

フリップダウンモニターやプライベートモニターなどのリアモニターを装着し、サイバーナビと接続することで、リアシート専用の映像や音楽を楽しむことができます。前席の映像ソースとリンクする「フロントリンクモード」と、前席のAVソースとは別に後席だけで独立したAVソースを楽しむことができる「リアセパレートモード」の2モードを搭載。
臨場感溢れる音とシーンにみんなで盛り上がるか、後席だけで感動のドラマを楽しむか、リアシートのエンタテインメントの選択肢が大きく広がります。

●前席と後席、それぞれの楽しみを
【リアセパレートモード】

前席と後席でそれぞれ別々のAVソースを楽しむことができます。リアスピーカーからの音声出力を「フロントAVソース」から「リアAVソース」に切換えれば、カンタンに一つの車室内が二つのエンタテインメント空間に早変わり。ボリュームのコントロールも前後個別に行えます。前席では熱狂のライブで盛り上がりながら、後席は持ち込んだDVDで映画の世界観に浸るなど、ドライブ中のすべての時間が、すべての同乗者にとって楽しいものとなります。

●多彩なAVメディアに対応

iPhoneや地上デジタル放送、DVD-R/RWなどに加え、大容量SDメモリーカード(SDXC512GBまで)に対応。
これらのメディアはカーナビを使用しながら同時に楽しむこともできます。
音も、映像も、画像も。多種多様なメディア対応力で、エンタテインメントの幅が大きく広がります。

●12セグを広いエリアで楽しむ
【受信性能】

サイバーナビの地上デジタルTVチューナーは、自宅で視聴する地上デジタル放送のような安定性をクルマの視聴においても追求し、様々な最新テクノロジーを惜しみなく投入しています。

【ドライブサポート】

●適正な車間距離をアシスト
【ターゲットスコープ/推定車間距離表示】

前方車両の捕捉能力や描画能力が優れたマルチドライブアシストユニットは、前方車両との推定車間距離はもちろん、車間時間までも把握し、ドライバーへ注意喚起を促します。前方車両を捕捉し表示する「ターゲットスコープ」は、車間距離/車間時間に連動してそれぞれサイズ/色をリアルタイムに変化させ、ドライバーへ注意を促します。また前方車両との車間時間を計測し、「推定車間距離」を表示。通常の地図表示でも「推定車間距離」の表示色が「ターゲットスコープ」の車間時間表示に連動するのでこれまで目視で感覚的にチェックしていた前方車両との距離を、これからはカーナビがわかりやすく通知し、サポートしてくれます。

●前を走るクルマへの近づきすぎを警告
【前方車両接近警告】

捕捉した前方車両との車間時間を絶えず計測し、前方車両との車間時間が縮まると表示と効果音でドライバーに警告。追突事故を未然に抑制します。

 

Facebookコメント